理念・代表挨拶

代表挨拶

皆さまこんにちは。私たちは「コミュニティケアいずみ」です。
「高齢者の方々の価値観が尊重され、尊厳が保たれる正直な介護をしたい・・・」そう思って、自宅の一間から仕事を開始したのが平成23年5月。

地域の高齢者の皆さまやそのご家族さまから数多くのご相談を受け、その声に応え続けるなかで一人またひとりと一緒に仕事をする仲間も増え、より良い介護サービスが得られる地域創りを考えサービス事業を開設し、歩み続けている中に現在の「コミュニティケアいずみ」の姿があります。

介護が必要となったその時にも、高齢者の皆さまが歩んで来られた「人生」も見つめ、望む「暮らし」を大切にし、お一人おひとりの価値観と尊厳が守られ、その尊い人生や家族史が優しく大切にされるような介護サービスのご提供でお力になりたいと考えています。
まだまだ未熟な点や至らない点もあるかもしれませんが、私ども「コミュニティケアいずみ」でお力になれる事がございましたら、遠慮なくご相談お寄せ下さい。

「コミュニティケア」の由来

人それぞれに違う価値観があるなかでも、その多様な価値観が尊重され、力を合わせ支えあう事で様々な問題を解決し乗り越えていきたいという想いや願い。

「コミュニティケア」とは、直接的には地域福祉などと訳され、「施設から地域へ」という流れの中で生まれた社会福祉の概念や実践のこと。

あるいは、社会福祉の諸分野で、その対象者を、特別な施設の中だけで処遇するのではなく、できるだけ地域の中で地域とのつながりを保ちながら処遇すること。

上記の言葉の意味に加え、私たちは単に高齢者介護だけに留まらず、広く社会福祉に目を向け「地域をケアする」存在になりたいとの想いを込め事業所の名称を「コミュニティケアいずみ」と命名しました。

経営方針

企業理念 ”コミュニティケアいずみ”の存在意義

価値観の尊重と尊厳の保持

「支え」を必要とする人の価値観を可能な限り最大限に尊重し、人としての尊厳が守られるよう、確かな情報の提供とそれによる自己の選択と決定に寄り添う事を私たち「コミュニティケアいずみ」が地域社会に存在し行動する使命の拠りどころとする。

『私たちは ”価値観の尊重と尊厳の保持” をその拠りどころとし、ケア文化の創造に貢献する事を持って共に地域で暮らす人々の”幸せ”に貢献する』

経営ビジョン ”コミュニティケアいずみ” の将来像・価値観

在宅介護の始まりから終わりまで寄り添い、支え切れる専門職の集まりとなりたい。
その深い寄り添い、そこに感じる”介護”・”人生”の尊い価値、それによりまた自己と集団が成長し続ける組織でありたい。

行動方針

  • 常に自らの行動(ケアの内容)の内面を見つめ、問題意識を持って支援に当たる。
  • 一人ひとりの「価値観と尊厳(選択と決定)」を最大限に尊重し、その選択を支える。
  • それぞれの立場において、確かな情報提示を行う。
  • 支援の基本は「エンパワメント(自立支援)」であり、支えを必要としている人の内に潜む力を引き上げる。

社是

「許しあい 話しあい 助けあい」

許しあい ~寛容であろう~

話しあい ~民主的であろう~

助けあい ~対等であろう~

弊社の強み

社是に掲げる企業風土が支えとなり、社内の風通しは良く、職員一人ひとりが内証的であり、その行動を持って支援や介助を必要としている方々へのケアの質の醸成につなげていくことを目標にし努めている。

 居宅介護支援

経験豊富なケアマネージャーが4名所属しており、いただいた相談に対しては基本的には受け持ちの担当者が就く事になるりますが、その支援ケースは常にチームで協議され共有される事でケアマネジメントが密室にならず、且つ、一つひとつの支援ケースに多角的な視点、意見が加わる事で、良質なケアマネジメントの提供につなげる事ができる体制をもっています。

 訪問介護

介護保険サービスに加え、障がい福祉サービス、保険外サービスを提供しています。

正規職員と登録スタッフと合わせて約20名のスタッフが所属し、人数もさることながら、その職種も多彩(ホームヘルパー、介護福祉士、看護師、栄養士、調理師など)であり、そこからは多様な視点と意見が生まれやすく介助現場の質の向上にもつながっていると自負しています。

また、準医療行為である「介護職員等による喀痰吸引等業務」への研修受講にも取り組んでおり、当該取組みをしている出水市内の訪問介護事業者は現時点では弊社のみであり、訪問介護事業所(介護福祉士、ホームヘルパー)として担える責任、果たせる役割に積極的な取組みをしています。

 通所介護

地域密着型通所介護ならではの小規模で落ち着いた環境で利用いただけるデイサービスとなっており、その環境は認知症がおありの方々に過ごしていただくには良好な環境と考えています。

デイサービスの立地は市街地から少し離れた里山地域ではありますが、そこを取り囲む風光明媚な里山の環境からは四季の移ろいが感じられ、のびのびとした広い敷地での活動や作業は、介護期の活動・参加を実施していくのにその可能性は広がります。

また、建物も十分な広さを有しており、お一人おひとりプライバシーに配慮した個浴での入浴(介助)、広さを活かして利用者の方々への個別的支援への取組みに活かしています。床暖房が配備されており、それにより冬でも健康に配慮して安心して過ごしていただけるようになっています。

お問い合わせはこちらまで

TEL:0996-79-4839お問い合わせフォーム